通行止解除情報

前回の記事で県道218号が通行止め、迂回路に困るという話をしました。 その後通行止は解除され、現在は通れるようになっています。 津山線が早期に復旧したことから、土砂崩れの場所は旧岡山市・御津町の境付近だろうなと思っていましたが、実際のところはもう少し岡山市側、集落が途切れて山沿いになるところのようでした。 なお現在でも2か所、信号機制御による片側交互通行があります。 また、道路上…

続きを読む

全然使えない迂回ルート

未だに7月豪雨の被害は残っています。1日も早い復興を願うばかりです。 身近なところでの被害と言えば、野々口から東岡山方面(旭川沿い)に抜けられないことです。 国道53号側からは、県道218号が途中で通行止です。 県道81号は全線復旧したものの、そもそも車幅制限1.7mな道の上、土砂崩れ箇所もむき出しのまま。雨が降るといつ崩れるか心配でなりません。 野々口←→玉柏方向で一番確実なの…

続きを読む

岡山県道30号通行止

最近仕事で国道53号から落合方面に行くことがあったのですが、県道30号の入口で通行止情報があり、焦ってしまいました。 7月6日の大雨の影響で、土砂崩れがあったことを知らず、突っ込んでしまいました。 その1週間前に普通に走行していて、油断していました。 他の険道にも通じるところが多く、落合方面に向かうのには有効な道なので、この道が潰れてしまうと、結構大変です。 国道42…

続きを読む

大雨・台風の影響

先日の大雨の影響・今回の台風の影響で、通れない県道がたくさんあります。 台風の影響は、大雨の被災に比べれば通常レベル程なので、あまり気にしなくてもいいかも。 険道が通れないのは仕方ないとして、普通の県道も通れないのはちょっと厳しい、しかも迂回路が遠い場合は。 倉敷市→総社市R180から槇谷を通るr57からr76を使い、岡山市へ東進する予定でした。 しかしr76が通行止で迂回路…

続きを読む

岡山県道350号西吉田川崎線

津山市内、国道179号と国道53号を結ぶ県道の一つ、途中で県道477号と重複する一般県道です。 国道53号側では、姫新線・因美線を踏切で渡ります。道も若干狭いうえ、途中で急に左折させられる箇所があります。 間違って直進しても、そちらの方が近いうえに道が広いので、普通はそちらを使いましょう。実際、そちらの方が交通量が多いです。 左折するとそこから険道と化し、車1台通るのがやっ…

続きを読む

岡山県道477号金屋国分寺線

津山市内の中心部を避け、吉井川沿いから津山インター方面に向かって進む県道です。 距離は短く3㎞程ですが、混雑具合はそれなりです。 それほど狭い区間はありませんが、県道350号との交差点では一旦停止があります。 交番も近く、一旦停止の取り締まりもよく行われる場所ですので、十分注意してください。

続きを読む

偽おにぎり?

津山に仕事で通勤中に見かけた標識です。 県道を示す標識(いわゆるヘキサ)に似せた町道や広域農道の標識は何度も見ていますが、国道標識(いわゆるおにぎり)に似せた標識は見かけたことが(たぶん)ありませんでした。 撮影時は暗かったので、ストリートビューをペタリ。 不思議なのは、この標識は終点側のみしかないこと。通った時に探してみましたが、どうもなさそう? ルート…

続きを読む

車が直りました

あけましておめでとうございます(今更)。 12月中旬に車の不具合が生じ、修理に出していました。 不具合自体はこちらのせいではなく、点検の際の閉め忘れが原因だったようです。 本日車が直ったので、取りに行きました。 AT車ばかり運転していたのでMT車の運転が不安でしたが、体が覚えていたので問題ありませんでした。 今年もどこかにはいきたいと思いますが、今のところ予定は未定です。 …

続きを読む

ついにやっちゃいました

とうとうやっちゃいました。 現在乗っている車に、ちょっと大きめの傷を入れてしまいましたorz 駐車場から出るとき、その駐車場は狭かったので、前もスペースが少ない。 何気なく、ハンドルを左に切って出ようとしたとしたら、ゴンという音がしました。 ちょっと止まって何の音か考えて、気づきました。 左側にポールがあるじゃないですかorz 多少のへこみと塗装が剥がれたくらいなので、大…

続きを読む

三江線駅巡りしてきました

10月8日に三次駅~江津駅まで走っている三江線の駅巡りを、車で行ってきました。 来年H30.3.31をもって廃線となるため、1日5往復(うち全線通るのは2往復のみ)しか走らない列車には、大勢の鉄道ファンが乗車し、満員列車の状態でした。 いつもこの状態なら、廃線になることはないのですが・・・寂しい限りです。 道路ネタを扱うブログとしては、当然道にも触れないといけません。 国道4…

続きを読む